Menu

インプラントとは

Home

手術自体は短時間で終了し、入院の必要はありません。

インプラント治療とは、歯が失われている場所のあごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め、
その上にクラウンやブリッジ、義歯を装着する治療方法です。

当院では、安心安全を最優先に確実なインプラント治療を実施しています。

インプラントのポイント

噛み心地が自然で、良く噛めます。

周りの天然歯や歯肉を痛めません、お口全体の歯が長持ちします。

メインテナンスをしっかり行えば、長持ちします。

入れ歯を固定することもできます。

インプラント治療の流れ

診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを
診断します。

その後治療計画を立てます。

フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部であるインプラントの部分(フィクスチャー)を手術により
顎の骨に埋入します。

局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

治癒期間

この後骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。

3~6ヶ月程度になりますが、骨の質などにより個人差がございます。

また、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

アバットメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの
部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。

この時、簡単な手術を行う場合も
あります。

診査と治療計画

インプラントを含めたお口の中全体の
印象採得(型どり)を行います。

その型に従い、人工の歯を作製します。

メインテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。

歯科衛生士のアドバイスのもと、
正しい歯みがきを心がけてください。

インプラント治療Q&A

インプラント治療を行うのに痛みはありますか?

インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。

治療期間はどのくらいですか?

手術自体は短時間で終了し、入院の必要はありません。術後は経過観察のために通常4~6ヶ月間の通院が必要です。
※ただし、症状によって、治療期間が異なります。

インプラント治療例 - Befor After -

  • befor1

    歯が抜けて、
    隙間が気になる・・・。
    そんな悩みをご相談され、ご提案。相談した上、インプラント治療を行うことになりました。

  • after1

    見た目だけでなく、食事が食べやすくなったと非常に喜んでいただきました。

  • befor2

    上の治療例の方のお友達です。

    どうして歯がきれいになったの?とたずねられ、当院を知ったそうです。

  • after2

    「歯を見せたくなくて笑え
    なかった。これからは
    大丈夫ね。」

    ・・・と、お話して
    くださいました。

診療案内

▲について:
月曜は隔週でお休みとさせて頂きます。また月曜日が休診ではない週は、水曜の午後を休診とさせて頂きます。
月曜日の休診につきましてはカレンダーをご参照頂くか、当院に直接お問い合わせ下さい。

※ご予約の際はお電話ください。ご予約のない場合はお待ちいただく場合がございます。
福井県福井市にある「鈴木歯科クリニック」はむし歯が見つかった時や
痛みがある時の治療はもちろんですが、むし歯を作らない、
歯周病にさせないことを目標にした予防歯科にも積極的にとりくんでいます。