Menu

予防歯科

Home

当院では、ダイアグノデントを6歳臼歯の早期のむし歯診断に用いています。

ダイアグノデントについて

むし歯や歯周病にならないよう定期健診とPMTC(歯のクリーニング)を
継続して行っていくことが大事です。

まだ痛くないむし歯の初期段階を
レントゲンや探針で診査するには限界があります。

ダイアグノデントは表面にレーザーを照射することによって
その蛍光反射を測定し、見えない歯質変化を発見し、
その状態をデジタル数値化します。
安心、安全な診断装置といえます。

隠れた歯質変化を突き止めることにより、
歯が内側から崩壊する前に予防対策することで、
むし歯の拡大、進行を抑制することに大変役立ちます。

ダイアグノデントは表面にレーザーを照射することによってその蛍光反射を測定します

ダイアグノデントについて2

予防歯科の内容

CO(caries observation)要観察歯

COとはむし歯になる前兆の状態です。歯の表面のエナメル質に透明感がなくなり、白濁している状態をいいます。
この段階でしたら、再石灰化による自己回復が期待できます。

フッ素塗布やレーザー治療などの処置によりむし歯になりにくい歯質を作ることができます。

定期健診

むし歯にしないことが一番大事です。また成人になると歯周病のリスクが高まります。定期的な来院により予防していきましょう。
軽度なむし歯や歯周病は、自覚症状がなく自分では見つけられないことがほとんどです。

また、疾病がおきてしまった場合にも、早期発見し、むし歯や歯周病の進行が軽いうちに治療をおこなえば、
治療にかかる費用や時間を大幅に短縮できます。

お口の状態によりますが、4ヶ月から6ヶ月に一度の間隔で定期健診していくことをおすすめいたします。

PMTC

歯周病やむし歯の予防に役立つことに「PMTC」があります。
「PMTC」とはProfessional Mechanical Tooth Cleaning の略で、毎日のご自身でのブラッシングで落ちない歯の汚れを
歯科医院にて専用機器を用いてきれいにクリーニングする「プロによる歯の清掃」のことです。

約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏づけられて着実な臨床実績を
上げています。むし歯の原因となる細菌は歯の表面に「細菌バイオフィルム」と呼ばれる薄い膜を作り増殖していきます。
ちょうどお風呂のヌルヌルと同じようなものです。

「細菌バイオフィルム」ができてしまうと、日常生活のブラッシングで除去することは不可能となってしまいます。
厄介なことに、抗菌性の薬も弾き返してしまうほどの強さをもっています。

「PMTC」は「細菌バイオフィルム」を取り除くことができます。
「PMTC」をすることによりツルツルに磨かれた歯の表面はプラークがつきにくくなります。

特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や、歯周病、口臭の気になる方にお勧めです。「PMTC」と毎日のホームケアで、
歯の健康を維持しましょう。

「PMTC」後は、ご希望によりホワイトニングやフッ素入り洗口剤についてご説明をしております。

ブラッシング指導

むし歯も歯周病も原因は歯垢(プラーク)の中にいる細菌です。

正しいブラッシングで歯垢を取り除き、歯と歯のまわりを清潔な状態にしていれば、むし歯と歯周病を予防することができます。

当院では患者様個人個人にあった歯ブラシや補助用具(デンタルフロス・歯間ブラシ)の選択から使い方、
正しいブラッシング法を専門の歯科衛生士よりご指導させていただいております。

シーラント

むし歯になりやすい奥歯のかみ合わせの溝を、磨きやすいようにプラスチックの材料にて埋める予防処置です。

フッ素塗布

歯の表面に作用させることにより、歯の再石灰化を促進し、歯の質も強化していく予防処置です。
当院では、治療完了時や定期健診のタイミングでのフッ素塗布を、積極的におすすめしています。

診療案内

▲について:
月曜は隔週でお休みとさせて頂きます。また月曜日が休診ではない週は、水曜の午後を休診とさせて頂きます。
月曜日の休診につきましてはカレンダーをご参照頂くか、当院に直接お問い合わせ下さい。

※ご予約の際はお電話ください。ご予約のない場合はお待ちいただく場合がございます。
福井県福井市にある「鈴木歯科クリニック」はむし歯が見つかった時や
痛みがある時の治療はもちろんですが、むし歯を作らない、
歯周病にさせないことを目標にした予防歯科にも積極的にとりくんでいます。